肌トラブルに悩まされる
  • HOME >
  • 出産を終えても当分の間、女性の身体は

出産を終えても当分の間、女性の身体は

出産を終えても当分の間、女性の身体は妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大きく変化してしまい、多種いろいろなトラブルを経験します。

肌荒れやシワなどといった、肌に現われる異変も自覚しやすく目たちますから、悩まされている女性は多くいます。
妊娠継続中ずっと続いていたプロゲステロン、エストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えた途端、急にその量を減らし、その影響で肌は水分を失いやすくなり、容易に乾燥状態になるはずです。
それに、敏感肌(本来あるはずの皮膚のバリア機能が何らかの原因によって低下していて、外部からの刺激に極端に弱くなっている肌をいいます)になる人も多いようですから、なるべく低刺激で肌にや指しい無添加製品を使いとにかく保湿を第一に考えたスキンケアに努めましょう。

とはいえ、あまり時間持とれないでしょうから、オールインワンタイプを使うなどの工夫は必要かも知れません。日々、ちゃんと毎日髪を洗っていても、頭が痒い、フケが増えたという方はもしかすると敏感肌(本来あるはずの皮膚のバリア機能が何らかの原因によって低下していて、外部からの刺激に極端に弱くなっている肌をいいます)の可能性もあります。

その時は一旦普段のシャンプーの使用を止めた方が良いでしょう。



敏感肌(本来あるはずの皮膚のバリア機能が何らかの原因によって低下していて、外部からの刺激に極端に弱くなっている肌をいいます)でも大丈夫なシャンプーは添加物を使用していない石鹸です。

余分な成分がカットされていて、お肌にも髪にも最適で、低刺激です。

常日頃、長風呂が好きな私ですがお肌の乾いてしまうのを未然に防ぐために、常に洗顔後はすぐ化粧水をつけてから、ゆっくりお風呂に入るひとときを楽しんでいます。けれども、真冬の時節は化粧水を塗っただけでは入浴後の乾燥が気になるので、化粧水プラス保湿美容液も充分に塗ってお風呂に入りますが、これを試すようになってから乾燥肌が飛躍的に改善されてきました。お肌を摩擦刺激にさらすのは避けるべき、ということは勿論承知してはいるのですが知ってはいながら、つい手加減なしにメイクを落としたりだとか、洗顔料を使用したりだとか、クリームとか保湿剤をべたべたと塗り込みがちです。



メイクを落とす時には、メイク汚れを浮かせるようなイメージでソフトに化粧となじませ、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトにおこなうのが大事です。念押しになるはずですが、とにかく脱力!を心がけ、無駄な摩擦を避け、優しく小さな円を描くようなやり方で!というのが理想的なやり方ですが、ついそれを忘れて無駄な力を入れてしまい、お肌に摩擦刺激を与えてしまうのです。色々な美白成分の中でも、特にプラセンタ(原料と含有量には十分に注意すべきでしょう)がシミに対して有効です。


シミの原因ともなるメラニンの生成を抑える作用があります。それに、細胞分裂を活発にする成長因子を持っているので、新しい細胞を作り出し、蓄積された古い角質と一緒にシミからも解放されることでしょう。その他の効果としては、コラーゲンの生成を高めるので、美しい肌へと生まれ変わりやすくなるでしょう。
女性にとっては言うことなしです。

シワの原因をご存知でしょうか。
これはいくつもあるのですが、最大の原因と言えるのは「乾燥」です。お肌の水分不足は、そのままお肌の乾燥につながって、皮膚にシワが刻まれていくことになるのです。

シワが目立つ部分である目尻、この部分は皮脂の分泌が少なくなっていて乾燥の影響を受けやすくなっており、他より早く、小ジワの出現が見られる部位です。



それから、加齢に伴ってコラーゲンやヒアルロン酸といった、皮膚の張りを保つための成分が減っていくばかりですから、シワやたるみは年齢を重ねるにつれ増えていく一方になるはずです。

加齢とともに、お肌のシミが目立ってきた気がしませんか。

一口にシミといっても、その形やできた部分がどこか、ということにより、多数の種類があるため、シミに合った市販のお薬を捜してみたり、クリニックへ行って相談するという手もあります。
全てのシミが薬で治るわけではありませんから、あつかいの難しいシミに、どうしたらいいか途方に暮れているのなら、レーザー治療を施すことも考えてみてちょーだい。ニキビと言えども皮膚のトラブルの一つです。

ニキビぐらいで皮膚科に通院するのも、と少し気が引けてしまいがちですが、皮膚科で診察を受けると早く回復しますし、ニキビ跡ができることは少ないです。



それに、自分で薬局などでニキビ薬を買いもとめるよりも安く済みます。

20代という年齢は、女性の肌が大人として完成してくる時期です。そんな時期にスキンケアはずっと先伸ばしでいいだろうと安穏としていてはいないでしょうか。シワの土台って、20代で作られるんです。
乾燥を放置したり紫外線ケアが不充分だと、シワができる要件は整っています。


いま大丈夫だとしても、それは回復力が上回っているからにほおもったよりません。

実際にはダメージは確実に肌に蓄積しています。



30歳の自分がどんな肌でいたいのかをイメージし、20代から計画的なスキンケアをしていきましょう。
コーヒー、それに、紅茶、緑茶等に含まれるカフェインという成分は、肌のシミを増やしてしまう一因になるでしょう。。シミをいろいろな箇所に広げたりすることもある上に、カフェインを長年に渡って摂っていると色素沈着しやすい体質になりやすいのです。


それと、緑茶に入っているタンニンもシミにはよくないと言われる成分ですので、これ以上はシミを増やしたくない方はくれぐれも飲み過ぎに注意しましょう。

関連記事はコチラ

メニュー